ダイヤモンドについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンドは、炭素だけで構成される元素鉱物の一種で、宝石の花形としてふさわしい美しさを備えています。
鉱物としては地球上で最も硬いもので、別名では金剛石とも呼ばれています。
非常に硬い性質を持っていますが、へき開を利用すれば様々な形にカットすることが可能です。
カットの技術が高い場合には、輝きはさらに増して、眩いばかりの美しさになります。

宝石の花形と呼ばれるだけあって、偽ダイヤモンドも少なくない状況になっています。
埋蔵量に限りがある宝石ですので、もとから価値は大変に高くなり、天然ダイヤモンド偽物ダイヤモンドの2種類では天と地の差があります。
価値の見極めをするためには、重さ、色、透明度、カットを示す4種類の要素が極めて重要になります。

ダイヤモンドの鑑定においては、4つのCを中心にする形で、明確に調べていきます。
グレードは鑑定書で示すことができるため、確かな品物であれば、品質を保証してもらえます。
鑑定書は宝石の花形となるダイヤモンドだけに使われるもので、偽ダイヤモンドを区別するためにも役立っています。