質と買い取りではどちらが得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

質と買い取りではどちらが得かと言えば、基本的には買い取りの方が高い査定額がつきます。

買取りの場合はその品はすぐにお店のものになるのですぐに市場に出すことができます。
保管コストもかかりませんし、高い査定額が付けれれるのです。

対し質入れの場合はすぐに品は質屋のものになりません、あくまでも預かっているだけだからです。

期限が来るまでの間は破損しないように丁寧に保管する必要があり、その分のコストがかかるため買い取りよりも低い査定額になります。

また預かり期間を考慮して相場を予測して査定するので、査定をしてもらった時にその品が人気のピークだった場合はこれから人気が下がる可能性があると判断され、査定額が低くなるでしょう。

できれば売りたくなければ質屋の方がいいのでただ一時的にお金を借りたい場合には質屋がおすすめです、買い取りの場合はあとで品を取り戻そうと思っても一度契約すれば直後でも絶対に取り戻すことはできません。

お金が欲しい場合質屋でお金を借りるか買取店で売るかどちらか迷った時は取り戻したいかどうかを第一に考えてください。