古物商と質屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド品などを手放したいときは、古物商または質屋を利用すれば、臨時収入を得られます。

どちらも変わらないように思えますが、古物商と質屋では違いがあるので、利用する際はよく考えてから、どちらに行くかを決める必要があります。

まずリサイクルショップなどの古物商は、使用済みの中古品を買取したり、販売していますが、これは古物営業にあたるため、古物営業法で規制されています。

古物営業を行う場合は、古物商として公安委員会の許可を受けなくてはならないので、許可を受けないまま、古物営業を行っている場合は刑罰が科せられます。

それに対して質屋は「質契約」に基づくものなので、一定期間までに金銭の返還を受ければ質物を返還しなければなりません。

これは物品や有価証券を質に取ることで担保にして、期間内にお金を用意出来ないときは、その質物をもって弁済にあてる契約で、金銭を貸し付けているのです。

質屋営業を行う場合は、これも古物商と同じく公安委員会の許可を受けなければなりませんし、質物の保管についても設備基準があるので、保管するための設備も必要になります。