シャネルの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャネルとは世界でも知らない人がいないほどのブランドです。
その歴史は古く1910年にココ・シャネルとガブリエル・シャネルによって創業されました。

最初は貴族など有閑階級向けの帽子製作から始まりましたが帽子にとどまらず衣服へと取り扱いアイテムを拡大していきました。
シャネルに行けば、全身をトータルでコーディネートできるとして貴族などに愛され、次第にその人気はフランス全土に広がっていきました。

さらにシャネルは自らがブランドアイコンになることで、自分が広告塔になりさらにその知名度を上げました。

自分で制作したスーツやパールのネックレス、帽子を身にまとい、臆することなく貴族などの社交界に入り込んで自分のファッションセンスを売り込み、顧客を増やしていったのです。

またガブリエル・シャネルのアイディアはファッション業界に衝撃を与えました。

作業着として用いられたジャージー素材をスーツやワンピースに仕立て上げ、活動しやすいエレガントな洋服を見事に作り上げました。
また当時牛革に格子のステッチを施し、独特のデザインでバックを作り上げたり、チェーンと牛革を組み合わせてショルダーを作ったのです。