プラチナの買取には税金がかかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不要になった家電をリサイクルショップに売りに出す時、どんなに高額で売れたとしても税金がかかることはありません。
他の中古品を売却する場合でも税金がかかることはないので、プラチナの買取の場合でも税金について考えてない人が多いですよね。

しかし、プラチナは金と同様に価格の変動があるため金融商品になるのです。
そのためプラチナは金融商品であり投資商品として、売却した時の額によっては税金が発生します。

プラチナの買取には、消費税、譲渡所得や雑所得、事業所得として税金がかかってきます。
もちろん数千円、数万円単位の買取価格に税金がかかるわけではありません。
しかし高額なプラチナの買取になると税金がかかってしまうのです。
買取金額が高額になる可能性のある場合には注意が必要です。

事業所得と雑所得は、事業目的や継続的に利益を出す目的でプラチナを売買する時に支払う税金ですので、個人で所有していたプラチナを売却する場合は、譲渡所得のみが関係してきます。
さらにプラチナの買取価格が年間で50万円を超えた時に必要です。
したがって、高額のプラチナ商品を買取に出す場合にのみ、税金が関係することを覚えておきましょう。