エルメスの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非常に長い歴史を持つエルメスですが元々の起原は、現在のようなファッションブランドではなく1937年にティエリ・エルメスによって創業された馬具工房が母体となります。
これらの馬具製品は、ナポレオン3世を始め、ロシア皇帝などの御用達となりました。

数々の貴族が愛用する製品を生み出すことで次第にエルメスは発展していき、1880年には2代目のシャルル・エミール・エルメスが鞍の製造・卸にくわ小売りも開始します。

そして、これらの馬具製作の技術をもとに、1892年に「サック・オータクロア」というエルメス最初のバッグが販売されます。
このバッグはもともと、馬鞍を収納するために製造された製品でした。

エルメスの転機となったのが、3代目のエミール・モーリス・エルメスが事業の多角化に乗り出したことがきっかけでした。
優秀な経営者だったエミールは、時代が馬車から自動車に変化していくことを予見し、馬具製品だけでなく女性用の財布やバッグの製造を開始します。
この時の事業の拡大が、現在のエルメス社の基礎を築いた転換期となったのです。